指定申請書の作成を人に頼むな

2020.11.12 #コンサルタントのつぶやき


「指定申請書を書いてほしい」
「あとはハンコを押すだけまでやってほしい」
このような要望をされる人がいますが、お断りしています。

まず福祉事業においては、どういった事業にするか(エリア、種別、規模、物件、コンセプトなど)、誰が働くか(職種、常勤換算、雇用形態)などを先に検討し、それに沿った申請書を作成しないと指定は下りません。

従って、「コンサル会社が勝手に仕上げて印鑑だけ押して提出」ということはあり得ません。

また、理解してから提出しないと、質問や問い合わせがあったときに答えられませんよね。

(ちなみに行政書士有資格者でないと書類作成の代行はできません)

さらに誰かが代わりにやってくれても、来年、再来年と毎年何かしらの提出書類があり、経営者自身が理解できていないと意味がありません。

弊社が障害福祉サービスの開業支援で指定申請書を作成する際は、30枚近くある書類の一つ一つの意味、目的、文言を解説しながら、クライアント自身が作成する力をつけるためのレクチャーをしています。

時間もかかりますし、面倒ですが、この作業がとても大事です。

福祉事業は人任せではできないのです。